採用情報

TSO International株式会社の採用情報について、ご案内いたします。

代表者メッセージ

その仕事は20年後に残っていますか?

私が今までビジネスをしていく上で常に念頭に置いているのは、その仕事は果たして20年後もあるのだろうか、ということです。現在はロボット開発や人工知能(AI)の進歩も飛躍的に進歩し、数年後には人ではなくロボットで代替できる仕事が半数以上あると話題になっています。技術進歩に伴い、企業寿命も、年々合併や吸収、または消滅などにより年々短くなってきており、今現在、学校で学んでいる子供たちが社会に出て就業する会社の半数以上が、今まだ存在しないテクノロジーを持つ新しい会社です。

IT産業やエレクトロニクス産業においても、新しい技術は数年たてば時代遅れになるような時代。そんな21世紀において、新しい産業と既存の産業をつなぎ、新技術の発表の場である「展示会」というビジネスだけは変わらずに残り、発展し続けるものだと思っています。なぜなら、新しい産業やサービスが生まれ、技術革新が進めば進むほど『優秀な人』『最新製品』『投資案件』『有益な最新情報』が集まる「展示会」は必要不可欠だからです。

IT技術によってネット間での製品やサービスなどの注文対応などは便利になりますが、ビジネスの最前線では必ず人と人が直接ふれあい、トップ同士が決断することでしかパートナーシップは成立しません。私たちが手がけているのは仮想空間だけで完結する小さな取引ではなく、新しい産業や新しいビジネスを創出していくことだからです。展示会が行われることでマーケット全体に流動性をもたらし、新しい発展へとつなげていく。そんな経済成長のためのリアルメディアとも言うべき展示会を作り出すのが私たちの仕事です。

日本では数少ない
プロの展示会オーガナイザー(プロデューサー)として

さまざまな産業の情報や産業の持つ構造的な課題をキャッチアップし、その産業が発展出来るよう多角的に情報を分析し多くの外部パートナーと連携し、新しい出会いとビジネスの場を作るこの仕事は、やるべきことも多いですが、それ以上のやりがいやビジネスパーソンとして生涯にわたり大きな成長をもたらしてくれるのは間違いありません。世界中より300~500社という出展企業と何万人という来場者が集まる場所を1年かけて形にしていくので、グローバルな視点を持つオーガナイザーとして、他では味わうことのできないキャリアを築いていくことが可能です。

たとえば営業という仕事では当社ではクライアントへの接待ということは行いません。そういった表面上での関係づくりではなく、クライアントとの真のパートナーとしての関係作り、いわゆるクライアントへのビジネスメリットを最大限創り上げるという世界水準のビジネスの感性を養っていくことを大切にしています。日本のビジネス環境では、目の前のクライアントの表面上の満足に対応していくという仕事が多いのも事実です。当社でも、求人広告の営業をしていた方やツアーコンダクター、CD・レコードの販売、飲食店の広報など、さまざまな人たちが活躍しています。展示会という舞台では、日本的なビジネスである「目の前の関係づくり」だけに重きを置くのではなく、産業や業界全体の方向性を変革していくパートナーとしてクライアントと長きにわたり一緒に課題解決を考えていき、関わる産業のキーマンの一人として活躍することができます。

この産業界を動かしていくというダイナミックな経験は、これまでの仕事にはなかった醍醐味を感じさせてくれるはずです。パッケージされた商品を提供するのではなく、展示会という五感に訴えかける感動を生み出すこと。MICE産業の中心にある展示会/産業見本市(Exhibition)というのは世界各地で成功しているビジネスモデルだけに、このキャリアは世界中どこに行っても重宝されます。MICE産業に関わる我々は、世界中の人々をつなげ、産業の発展に多大なる貢献をし、時に、国に代わって行うプロフェッショナルです。日本、そして世界の産業発展のキーともいうべき展示会ビジネスを、業界のパイオニアとして私たちと一緒に切り開いていきませんか。